HOME 活動ブログ あなたは、なぜ働くの?「心構え」を整理して初出勤に備えよう!ビジネスマナー講座を実施しました
活動ブログ

あなたは、なぜ働くの?「心構え」を整理して初出勤に備えよう!ビジネスマナー講座を実施しました

2018.10.15

神保町

●  社会人としての心構えを考えておくことは、長期就労につながります!

東京の就労移行支援事業所 カラフル神保町では、国際ノーマライゼーション推進協会代表の成美詩音先生をお招きし、ビジネスマナー講座を毎月開催しています。

今回は、働くための大前提となる「心構え」をワークショップ形式で整理し、初出勤を想定して自己紹介の練習も行いました。

働く理由や社会人としての心構えを、しっかりと考えておくことは重要です。

なぜなら、そうすることで長期就労につながるからです。

●  働く理由って、なんだろう?

 

成美先生は、働く理由の種類として「経済的理由」「自己実現」「社会貢献」の三つを挙げました。

大切なのは、バランスです。

たとえば経済的な理由が強すぎると、「仕事を通じて自分のやりたいことを続け、成長している(自己実現)」「仕事を基盤として社会に役だっている(社会貢献)」ということを感じにくくなり、ちょっとした失敗で挫折してしまいます。

三つの要素の割合は人それぞれ。参加者たちは、自分が大切にしている理由をじっくりと考えながらワークシートに記入し、グループでディスカッションしていきます。

「仕事を行うこと自体に達成感があるから」「人の役にたつのが嬉しいから」「結果として他者の自己実現が成し遂げられるような社会変革を、めざしたいから」など、特に重点をおきたいことを、それぞれの参加者が発表しました。

 

●  今、あなたは幸せを感じますか?

 

成美先生は「今、幸せを感じますか?」と、参加者たちに問いかけました。

人の幸せというのは、お金や物だけで決まるのでもなく、それ以外の「何か」だけで決まるのでもありません。どちらも大事です。

しかし収入以外の側面、たとえば「人に挨拶をされる」「人に褒められる」「人の役にたつ」「人から必要とされる」という四つは、特に働くことで得られる幸せと重なります。

成美先生は、参加者たちに次のメッセージをおくりました。

「初出勤に同行した日、胸がいっぱいでお昼休みにサンドイッチを一つしか食べられなかった障害の当事者がいました。半年後に職場訪問をしたとき、そのひとのサンドイッチが二つに増え「職場が“アウェイ”から“ホーム”になった」と言ってくれた……まさにこれこそが私自身の自己実現であり、社会貢献であり、『こういう経験を、他の人びとにもしてほしい』と心から思った出来事でした。仕事の力は大きいです。どうか自分が嬉しいと感じることを仕事にしてください。きっと皆さんの幸せにつながります」

●  事前にきちんと準備をすれば、職場に溶け込むのもスムーズです!  

このほかにも、初出勤の日を想定して身だしなみを考えたり、ポイントを学んだうえで300字程度の自己紹介をつくって発表したり、さまざまなワークを行いました。緊張しながらも勇気を出して自己紹介する参加者の姿に、頼もしさを感じました。

特に精神・発達障害の当事者は、職場に溶け込む最初の段階で上手くいかず、早期に休職や退職をするケースが多いという声も聞かれます。

緊張感や不安でいっぱいの状態が続き、息切れしてしまうのは仕方がないことです。

しかし、事前にきちんと準備をしておけば大丈夫。

あなたの悩みをよく聞いて、しっかりサポートできるのは、障害者雇用のプロである成美先生だからこそ。

どなたでも参加できますから、ぜひカラフル神保町にお問い合わせくださいね!

————

成美詩音(なるみ・しおん)先生

障害者の就労支援に長年従事。現在は「障害のある人も障害のない人も共に元気に楽しく働く社会」をつくるために活動されています。

国際ノーマライゼーション推進協会で障害者雇用のスペシャリストとして活躍。多彩なイベント・講座を積極的に開催されています。